Loading…

診療案内Medical

漢方のアドバイスも行なっています。お気軽にご相談ください。

Pediatric dentistry小児歯科

小児歯科

お子様の虫歯予防、虫歯治療、歯周病予防、歯並びの治療などを行います。
一見、一般歯科とそう変わりなく見えるかもしれませんが歯医者を怖がるお子様が圧倒的多いです。
小児歯科とは、お口のケアだけでなく、お子様と向き合い、ご家族と一緒に診ていくことが最も大切なことです。


年齢別のお口のケア

1才から3才のお口のケア

1才から3才のお口のケア

この時期は、定期検診がとても重要です。
※3ヶ月検診…小さいお子様へ負担のかからない低濃度のフッ素塗布とお母さん・お父さんへの食事・ブラッシング指導を中心に行います。

3才から5才のお口のケア

3才から5才のお口のケア

この時期から、お子様ご自身が自分で正しく歯を磨けるようにブラッシング指導を行います。
定期検診をしっかり行ってください。

6才のお口のケア

6才のお口のケア

歯の王様「6才臼歯」が生えてくる大切な時期です。生えたばかりの歯は、とても虫歯になりやすく、噛む面の溝が深いので磨き残しが多くなります。臼歯が生えてきたら一度ご来院いただくことをお勧めします。

6才から12才のお口のケア

6才から12才のお口のケア

成人と同じ予防対策を行っていきます。
必要であれば、噛む部分に樹脂をつめて虫歯予防をします。(シーラント)

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子様に実際に歯ブラシを持ってもらい、正しい歯の磨き方を練習します。
また、お母さん・お父さんには、仕上げ磨きの方法もご指導させていただきます。


予防対策治療

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布することにより、歯の表面を強くして細菌を減らします。
当院では、治療終了時に無料でフッ素を塗布いたします。
継続した効果を得るために、3~6ヶ月ごとに塗布されることをお勧めします。


シーラント

奥歯の噛み合う面(咬合面)にある溝を虫歯になる前に埋めてしまう簡単な方法です。
特に溝が深くて複雑な形をしている6歳臼歯は磨き残しが多くなってしまうことがありますが、シーラントで平らにすることによってそのリスクを減らすことができます。
シーラントは3~6ヶ月で自然に取れてしまうため、年に2回程度、定期的に行うことをお勧めします。
また、シーラントをしている歯の溝から虫歯になっていく可能性は低くなりますが、ブラッシングを怠るとそれ以外の歯と歯の間などから虫歯になってしまいますので、きちんと歯を磨くことも心がけましょう。


小児歯科Q&A

乳歯の虫歯は永久歯に影響しますか?
乳歯が虫歯になった場合、早期に治療を行えば永久歯には影響はないでしょう。しかし、虫歯を放置し、歯と歯の間の隙間ができると、歯が動いて永久歯が生える隙間がなくなり、歯並びが悪くなります。また、虫歯で歯がなくなってしっかり噛めないと、顎の成長も悪くなります。 根の炎症を放置すると、永久歯が変色したり、形成不全を起こしたりします。
永久歯が生えてくるんだし、乳歯が少しくらい虫歯でも大丈夫?
乳歯が虫歯にかかったままだと、生えてくる永久歯も影響を受けて虫歯になりやすくなります。乳歯の虫歯は進行が早いので、抜歯する場合もあります。あまり早い段階で乳歯がなくなると、生えてくる永久歯の歯ならびが悪くなることが多いのです。そのため、乳歯に虫歯ができたら治療を受けることをお勧めします。
まだ乳歯があるのに永久歯が生えてきちゃった。どうしたら良いの?
6歳前後になると、乳歯はぐらつき、自然に生え変わります。もし、先に永久歯が生えてきたとしても、乳歯がぐらついていれば自然に抜けることがほとんどありません。その乳歯がまったく抜ける様子がないようでしたら、抜歯が必要かもしれません。その場合はなるべく早くご相談ください。
永久歯が生えたのですが、ぐらついています。大丈夫ですか?
生えたての永久歯は、歯根がしっかり根付いていません。ぐらつくこともありますが、次第に固定されるはずです。気になるようなら、きちんと当院まで一度ご相談ください。
虫歯ってうつりますか?
はい、虫歯はうつる病気です。大人の口の中には虫歯の原因菌が潜んでいます。ママの箸やスプーンで食事を与えることによって、虫歯がうつることはよく知られています。そのため、お子様専用の食器を使うことをお勧めします。

Preventive dentistry予防歯科

予防歯科

歯は私たちの身体のなかでも最も重要であり、復元力の弱い部位でもあります、一度失ってしまったら簡単には元には戻りません。
歯科医によるケアと毎日の歯磨きなど、ご家庭でできるケアで健康な歯を維持するのが予防歯科です。


プロのケア

クリーニング(PMTC)

専門のスタッフが特殊な道具を用い、歯と歯の間や歯肉の境目などの汚れを完全に取り除きます。
さらに表面を磨いてつるつるにし、汚れが付着しにくい状態にします。
毎日の歯磨きでは落としきれない汚れや歯垢などを取り除け、口腔内のトラブルの予防や早期発見に役立つだけでなく、定期的に行うことで、軽度な着色であれば歯本来の自然な白さを取り戻すことも可能です。
また、最後にフッ素塗布をすることで虫歯に強い歯を作ります。
※PMTCとは「 Professional Mechanical Tooth Cleaning 」の略です。


フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布することにより、歯の表面を強くし細菌を減らします。
当院では、治療終了時に無料でフッ素を塗布いたします。
継続した効果を得るために、3~6ヶ月ごとに塗布されることをお勧めします。


ご自宅でできる、セルフケア

ブラッシングケア

毎日のブラッシングにより歯に付着した歯垢の除去もでき、結果的に歯周病、歯肉炎の予防にもなります。
普段から自分自身の歯と歯茎の状況をチェックする習慣も身につけておきましょう。
当院では、ブラッシング指導を行っています。一度お気軽にご相談下さい。


予防歯科Q&A

どれぐらいの間隔で予防歯科の検診を受ければ良いですか?
口腔内の清掃状態・唾液の成分により個人差はありますが、3ヶ月ぐらい経つと多くの人は歯石ができてしまっています。早い人では1ヶ月もしない間に歯石ができてしまっている事もありますが、通常3ヵ月ごとの歯石除去をお勧めしています。
歯石を除去するのに痛みは無いですか?
虫歯や歯周病にならない為の一番の予防法は、やはり「歯磨き」です。 普段の生活でお口の中に広がる汚れは、しっかりとしたお手入れの方法を身につけていれば、「歯ブラシ」と「フロス」で十分に落せるものです。当院では正しいブラッシングの方法も指導いたしますので、お気軽にご相談ください。 ただ、歯の隅々まで磨けている人はなかなかいません。どうしても磨き残しができてしまいます。 そういう部分は歯科医師や歯科衛生士などのプロの手で定期的にPMTCを行う方が、より現実的な虫歯予防になるでしょう。 予防として利用されるフッ素などの薬剤は、その方のリスクに応じた使い分けが必要です。
なぜキシリトールは歯にいいの?
キシリトールは他の糖分に比べ、虫歯を作らないだけでなく、虫歯の発生を少なくするためで、これは疫学的な研究によって明らかになっています。 しかし、キシリトールだけでできている製品はありません。成分の中に砂糖や発酵性の炭水化物が入っていると、効果はあまり期待できません。また、キシリトールが含まれている食品で「歯によい」ものは、シュガーレス表示があるガムか、タブレット(錠菓)に限られます。
キシリトールの効果はどれくらい?
1日3回100%キシリトールガムを摂取してプラークが減るのは1~2週間です。 更に3ヶ月間摂取すると、虫歯になりにくい状態になります。その後3ヶ月くらい摂取を辞めても効果は持続するようです。 ただしキシリトールを使った虫歯予防法は追加型と呼ばれ、現状の虫歯予防法(歯ブラシ、フッ化物、正しい食生活、歯科定期検診など)に取って代わるものではないことをご理解ください。

Contact医院情報

TEL 03-3377-4568 / 〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-3-7

 2021年10月 
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      

休診日

診療時間

10:00-19:00(休憩13:30~14:30)

-

×

11:00-16:00

-

-

-

-

-

17:00
まで

×

[休診日] 祝日のみ休診